2006年03月22日

高すぎる目標で苦しんだ−無理をしない失敗は成功のモト!

あるじは昔ひじょーに英語に消極的でした。大学生のとき当時の彼女が「半年間バイトしてお金ためて、1ヶ月間アメリカにホームステイしにいく。」といったとき「将来そんなに使わない英語をそんなに勉強してどーするの?」なんて言ってしまうほど。すみません、わたしがおお馬鹿者でした。orz...その1ヶ月間の貴重な経験、若ければ若いときほどよいと思う、は今その彼女にとってかけがえのない財産になっていることでしょう。自分自身5年間の海外生活はひじょーに有意義(だけどすごーく大変でストレスもあった)で、視野も広がって、またひとまわり大人になれたんじゃないかなーと思うのです。「井の中の蛙が外の世界を経験してきた」ってな具合です。

いまでもあるじは「無理してまで英語を勉強する必要ない」と思っています。ですがそんなわたしも渡米前には「よし、この機会に1、2年で英語がネイティブ並みに話せるようになってやるぞ!」という意気込みをもっていました。それが大きな間違いでした。がんばってもがんばってもどうにも自分の思うようには上達しない。ネイティブスピーカーと話す回数や時間が増えれば増えるほど、「あー自分の英語はダメだ。うぅ、あれも、それも、言われたこと理解できなかった。何言っても通じない。。。」と自己嫌悪になっていく。目標は高く設定するのが好きなほうでしたが、これは無謀すぎ、不可能、絶対無理。もーあきらめるしかなかったです。。。で、渡米後半年くらいで気持ちを切り替えて「仕事と自分の経験のために渡米したんだから、まぁそれだけできればいいや。英語ができることよりも、いろんな人とコミュニケーションをとったり、互いの理解を深めたり、そういうことのほうが自分にとってためになるし。英会話は便利な一つの手段なので、ついでに上達してくれればいいや。」と思うようにしました。これは大きなターニング・ポイントでした。英会話への姿勢を「勉強する」から「慣れるために実際にやって失敗して身につける」に気持ちの切り替えができたので。高すぎる最初の目標は自分を苦しめてしまうだけでした。

失敗することを恥ずかしがったりビクビクしない勇気、新しいことにチャレンジするのを楽しむ気持ち、失敗しちゃって後悔しても「自分の経験になるのですごく良いこと」と割り切りまた次に進む姿勢、、、そんなことが長い期間、無意識に備わってきた気がします。でもね、自分をいたわり、かわいがり、あまやかすのも好きなので、無理はそんなにしなかったと思っています。
posted by あるじ at 06:35| Comment(0) | TrackBack(0) | じぇんぐりっしゅ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。