2006年02月09日

多発性関節炎で診察すべき圧痛点

浦野先生の線維筋痛症ニュースがアップデートされていますね。ある研究者の論文をもとに、多発性滑膜炎と多発性付着部炎で診察される部位(圧痛点)を図になさっています。図中では脊椎棘突起(きょくとっき)に黒い点が記されていることに注意とのこと。ふむふむ、勉強勉強。
posted by あるじ at 07:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 線維筋痛症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/13011602

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。