2006年02月07日

バイリンガルにはなれません。

バイリンガルの方を10人くらい知っています。私の中のバイリンガルというのは例えば「英語をしゃべっているときはアメリカ人、日本語をしゃべっているときは日本人」に見えて、その言語でしゃべっているときは「あるじが自分の頭のなかでも会話中はその国の人だと無意識に思ってしまう」人たち。その人たちはだいたい、両親か祖父母が両国の言葉をネイティブにしゃべっていたり、その2つの言葉にものごころつく前から日常的に触れていたり、そんな環境のバックグランドがありがちだけど、絶対条件は「親とその本人が幼いころから多大の教育努力を長年続けてきた」ことだと思います。その結果やっと手に入れることができるのが「バイリンガル」という能力。ちょっとやそっと外国語が話せたからと言って「バイリンガル」というわけではないのです。少なくとも私にとっては。ちなみに本人が10歳前後のときには精神的なストレスがけっこうあったり、バイリンガルであることをあまり公言したくない人もいると聞きました。

渡米前には「いつかバイリンガルみたいに...」なんて夢を見ていたこともありましたが、自分には絶対無理ってことがいやってほど分かった。翻訳者や通訳者になるのもものすごい努力と訓練が必要。ほんと尊敬します。今振り返ってみると、自分にに合っていた目標は「英会話がこわくない、って思えるようになる」ことかな。それはそれで大変だったけどね。
posted by あるじ at 08:25| Comment(0) | TrackBack(1) | じぇんぐりっしゅ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

通訳
Excerpt: 通訳通訳(つうやく)とは、書記言語ではない二つ以上の異なる言語を使うことが出来る人が、ある言語から異なる言語(例・英語から日本語)へ変換すること。またそれをする人。通訳をする人は、通訳者、通訳士などと..
Weblog: 英語学習教習所
Tracked: 2006-02-07 11:29
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。